齋藤一徳「徹夜で勉強なんて無意味」

齋藤一徳「早起き学習」

 

勉強ってやる気はあっても集中力が続かなかったり、思ったより進まなかったりなど上手くいかないことが多いですよね。

 

斎藤一徳も勉強することがあまり得意なほうではありませんでした。

 

しかし、自分なりの勉強効率を上げる方法を見つけてからは、格段に勉強に取り組みやすくなり成果の出やすくなりました。

 

そこで今回は斎藤一徳流「勉強効率が上がる方法5選」をご紹介したいと思います。

 

【1:勉強する机の周りはきれいにしておく】

 

デスクの周りが散らかっていると確実に生産性が落ちます。

 

そのため,自分が勉強する机の上は整理整頓しておきましょう。

 

【2:勉強する環境を見なおしてみる】

 

自分に合わないイスを使っていたり,周りに集中力を妨げられるような環境で勉強はやめましょう。

 

勉強する場所を考えなおして集中できる環境を自分で選び作っていきましょう。

 

【3:マルチタスクをやめてみる】

 

複数の作業を同時に行うマルチタスクは作業効率を低下させます。

 

なにかをしながらの「ながら作業」による勉強は今すぐやめましょう。

 

集中できていない証拠ですよ。

 

【4:メールやSNSを頻繁にチェックしない】

 

SNSチェックのために作業を中断するたびに、勉強への集中力は切れてしまいます。

 

何度も集中するのは至難の業です。

 

【5:適度に休憩を入れる】

 

1時間ごとに10分ほどの休憩を入れましょう。

 

休憩も勉強の効率を上げるためにとても大切なことです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

勉強がはかどらないと感じたときは、これら5点を見直してみてください!